CBD Reviews

痛みジャーナル編集委員会

JAABE編集委員会は、定款第5条3号に定める事業のうち英文論文集Journal of Asian Architecture and Building Engineering (JAABE) の企画・刊行を、中国建築学会  2014年8月19日 オンラインジャーナル(学会誌)編集委員会から. オンライン オンラインジャーナル編集委員会は平 めのがんの痛み治療ガイド」については、作成者に. 本誌は日本ペインクリニック学会の機関誌であり,痛み. に関する Journal Editors (http://www.icmje.org/)を参照してくださ. い. 2 . 2 )編集局から,登録した電子メールアドレスにパス. ワードを 掲載された雑誌の編集委員会の二次出版に関する許可. ペインクリニック Journal of Clinical Anesthesia (Japan). 本邦の痛み診療を牽引してきた「痛み」の診断・治療・基礎研究の専門誌。がん性痛、非がん性慢性痛 編集委員 

本誌は日本ペインクリニック学会の機関誌であり,痛み. に関する Journal Editors (http://www.icmje.org/)を参照してくださ. い. 2 . 2 )編集局から,登録した電子メールアドレスにパス. ワードを 掲載された雑誌の編集委員会の二次出版に関する許可.

目 的. 1.この規程は「地盤工学ジャーナル」編集委員会(以下編集委員会という)が,「地盤工学ジャーナル(以下ジャーナルという)」を企画、編集、発行するために、円滑な運営 

地盤工学ジャーナル」編集委員会. 編集の基本方針(編集委員会規程から抜粋). 「地盤工学ジャーナル」は年4回の発刊であり,主に実務と現場に直結した学術・技術情報を 

2014年8月19日 オンラインジャーナル(学会誌)編集委員会から. オンライン オンラインジャーナル編集委員会は平 めのがんの痛み治療ガイド」については、作成者に. 本誌は日本ペインクリニック学会の機関誌であり,痛み. に関する Journal Editors (http://www.icmje.org/)を参照してくださ. い. 2 . 2 )編集局から,登録した電子メールアドレスにパス. ワードを 掲載された雑誌の編集委員会の二次出版に関する許可. ペインクリニック Journal of Clinical Anesthesia (Japan). 本邦の痛み診療を牽引してきた「痛み」の診断・治療・基礎研究の専門誌。がん性痛、非がん性慢性痛 編集委員  日本整形外科学会診療ガイドライン委員会編, 2008(平成20)年, 1,296円(税込み), 一般. 書籍, 患者 日本整形外科学会運動器疼痛対策委員会編, 2013(平成25)年, 3,672円(税込み), 医師 雑誌, Journal of Orthopaedic Science(隔月刊), エルゼビア. 日本整形外科学会日整会誌編集委員会編, エルゼビアにお問い合わせください, 医師  著者 考古学ジャーナル編集委員会 編; 出版社 ニュー・サイエンス社; 刊行年 2001年; サイズ 26cm; 冊数 1冊; 解説 表紙などに幾分の痛み 本文の通読には差し支え  総 説 West Kyushu Journal of Rehabilitation Sciences10:13−16,2017. 慢性痛に対する 日本疼痛学会・痛みのコアカリキュラム編集委員会,. 内千一,真興!

JAABE編集委員会は、定款第5条3号に定める事業のうち英文論文集Journal of Asian Architecture and Building Engineering (JAABE) の企画・刊行を、中国建築学会 

合には,当該委員会の承認を得た上で論文中に承認番. 号を明記すること 1)原稿の内容は口腔顔面痛に関する基礎,臨床研究. 成果,症例 3)投稿された原稿は,編集委員会で査読する.査読. は,論文 to Biomedical Journal に準ずる. 13.原稿送付  JAABE編集委員会は、定款第5条3号に定める事業のうち英文論文集Journal of Asian Architecture and Building Engineering (JAABE) の企画・刊行を、中国建築学会  2014年8月19日 オンラインジャーナル(学会誌)編集委員会から. オンライン オンラインジャーナル編集委員会は平 めのがんの痛み治療ガイド」については、作成者に. 本誌は日本ペインクリニック学会の機関誌であり,痛み. に関する Journal Editors (http://www.icmje.org/)を参照してくださ. い. 2 . 2 )編集局から,登録した電子メールアドレスにパス. ワードを 掲載された雑誌の編集委員会の二次出版に関する許可.